カゴメ ケチャップの小瓶


kagome01

この小瓶初めは蓋もついていましたが腐食して触ったら全部崩れました。
ただ、ビンの底にははっきりと社名が刻まれています。

kagome02

KAGOME.CO 現在のカゴメ株式会社ですね。
カゴメのサイトによると
カゴメマークを登録商標したのは大正6年
その後トマトマークに変更したのが昭和38年

ビンは均一の厚さで気泡も皆無
腐食で崩れましたが金属の蓋が付いていました。
ナーリングはは無し。
このビンはたぶん昭和30年始めから昭和38年頃までに作られたものらしいです。

たぶんトマトソースかトマトペーストが入れられていたんじゃないかと思います。
見つけた時は拾うのをためらったけど拾ったおかげでちょっと勉強になりました。

kagome03

スパイスラックにも入るコンパクトサイズです。

余談ですけどトマトケチャップを世界で初めてプラスチックチューブに詰めて
販売したのはカゴメなんですね。
知りませんでした。
今では普通の光景ですよね。
テーマ : コレクション    ジャンル : 趣味・実用
2010_06_07

Comments

 

拾ったときはためらうほどでも、
きれいにされて、ピカピカですね~。
私よりも年上なんだなぁ…この瓶…
って思うと、なんだか面白いです。
へぇ!カゴメが最初だったんだ、チューブ。
そういう知識まで増えて、
fujiさんにつられて、勉強になります!
みほ  URL   2010-06-07 08:22  

みほさんへ 

最近までガラスビンが拾えるなんて思っていなかったから
全くも知識がなくて調べる事が結構知らない事ばかりで
楽しいやら、恥ずかしいやらです。

アルミチューブ入りのケチャップまであったんですって~。

自分より年上のガラスビンがを手元に置くのって不思議
ですし、楽しいですよね。
fuji(イツツユビナマケモノ)  URL   2010-06-07 20:12  

 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

fuji

Author:fuji
ビンの話はどこへやら
浜歩きとか身の周りの
諸々を書いてるブログです。

メールの返信が遅い場合は
是非コメント欄から
請求して下さい。

開店休業状態です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード




page
top