ドスイカ 食べてみました

_MG_9036.jpg

前回の記事で紹介したドスイカ。
今回は食べてみました。

まずはヨレヨレ見た目の原因になっている「皮」の処理をします。
鮮魚店のおばちゃんの話だと50℃くらいのお湯でこすり洗いをするとよい
との事でした。

しかし50℃に手を突っ込むという拷問は避けたかったので
鍋に沸かした湯にさっとくぐらせて冷水とって洗ってみました。

DSC06703.jpg

湯にくぐらせるとこんな風に皮がポロポロと簡単にとれる状態に。

DSC06707.jpg

皮がとれると美しい。
そして異様にブヨブヨと柔らかい。
更になんとなーくアンモニア臭がする…。

DSC06722.jpg

足はイカとお野菜のマリネに。
胴体はイカフライにしてみました。
更に炒めものにして食べてみました。

結果一番美味しいのはイカフライでした。
流石に地元のおじさんの言うことは正しかった。
加熱しても全く固くならないしアンモニア臭が和らぐ。

おススメできないのは素材をイカしたマリネですね。
イカ特有の香りが少ないのでアンモニア臭が引き立ってしまうし水っぽくて
噛み応えも普通のイカに比べるといちまち。
反対にいくら加熱時間を長くしても硬くなる心配はないんですけどね。

DSC06709.jpg

ちなみに肝臓(ワタ)はかなり大きめ。
こちらもなにやら水ぼっい印象。
食べる気にはならずサヨナラしました……。
Category: 食べてみた

コメント

やはり深海のイカはアンモニア臭がするのですねー。
柔らかいイカリングはステキですね~。
ホントに何で「ドスイカ」なんて名前なんでしょうね?

2017/01/23 (Mon) 23:56 | うさこ #- | URL | 編集
うさこさんへ

イカリングにするとかなり大きな輪になっちゃうので私は
適当な大きさに切っちゃったんですけどね。
柔らかくてアンモニア臭が和らぐのでフライがおススメですね。
きっと調べればわかるのかも、名前の由来。

2017/01/25 (Wed) 22:11 | fuji #- | URL | 編集

なんともまあイカらしいイカの姿ですね。イラストに書く様なイカ。消しゴムはんこになるんじゃないですか?最近は消しゴムはんこはお作りになってないのでしょうか・・・(^^)

2017/01/30 (Mon) 17:24 | ランタン #- | URL | 編集
ランタンさんへ

そうですね、確かにイラストっぽいイカですね!

消しゴムはんこは全くやっていない訳じゃないんですがオリジナルは全く彫ってないです…。
絵が全く上達しなくて彫りたいものを描けないんです。

2017/02/01 (Wed) 09:22 | fuji #- | URL | 編集

ドスイカですか・・・初めて見ました。
ところでこいつの舟はどんなでした?
軟甲だと思いますが、写真はありませんか?

2017/03/10 (Fri) 20:53 | Shige #- | URL | 編集
shigeさんへ

お久しぶりです。

ドスイカもカギイカもだいたいこんな見た目です。
もちろん細かいところは違いますが。

船は乾燥させてとっておいたはずなんですがなくしてしまいました…。
スルメイカの軟甲の全体的に大きい感じにだったように記憶してします。
ごめんなさーい。
今度であったらもっとしっかり調べます。

2017/03/11 (Sat) 21:01 | fuji #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する