陶片狂さんに

_MG_8339.jpg

後悔先に立たずと言いますが、本当にそうですね。
どうして私はこの陶片を陶片狂さんにすぐに送らなかったのだろう。

多忙で日本各地にはなかなか行けないから送ってもらえるとどんなものでも
嬉しいんですよというような事を陶片狂さんは言ってくださったことがあった。

なのにこの陶片はまだ私の手元にあるまま。
本州に比べると歴史浅い北海道で拾ったものなのでたいしたものでは
ないとは思うけどもっと早く送っておけばよかった。

もう陶片狂さんの素晴らしい目利きと博識すぎるほどの陶片への知識を
お聞きする事がこんなに早く叶わなくなるなんて思いもしなかったのです。

実際にお会いできたのは10年前が最後になってしまいましたが
漂着物学会でお会いした数々の中で陶片狂さんは特に印象深く
ユニークで素晴らしい方でした。

なので突然の旅立ちに多くの方が驚いているのではないでしょうか。
私もその一人です。
もしかすると陶片狂さんご自身も驚ろかれているのかもしれない。

でも、きっと陶片狂さんはあの笑顔で何にも縛られず今まで行けなかった
場所や土地に行き陶片を探したり陶器を見聞なさっているのかもしれません。

そうであって欲しいとも思っています。
陶片狂さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

陶片狂さんの陶片窟日記を今一度読み返したいと思います。

Tag: 訃報

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/21 (Sat) 01:53 | # | | 編集
鍵コメさんへ

私も突然の事で驚いています。
お返事はブログの方にさせていただきました。

2016/05/21 (Sat) 11:55 | fuji #- | URL | 編集

すみません、陶片狂さんの事とは、別な事なのですが。
北海道南側の震度6の地震は大丈夫でしたか?

2016/06/16 (Thu) 16:42 | うさこ #- | URL | 編集
うさこさんへ

ご心配ありがとうございます。
私の住む所は震度6の函館から400kmくらい離れているので
地震自体ありませんでした。
なので無事に暮らしております。

2016/06/17 (Fri) 21:35 | fuji #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する