PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SIMCO  篠崎インキのインクビン

SIMCO_インクビン_篠崎インキ

篠崎インキのインクボトルです。
ハケから出てきたので栓やラベルはありません。
高さは70mm 底の直径51mm
小ぶりでコロンとしています。

SIMCO_インク瓶
底にはSIMCOの文字がデザインされ配置しています。
この商品は篠崎インキのものでその会社は今では株式会社ライトとして存在していると
ネットに書かれているではありませんか。
迷惑なド素人の私はその会社にメールし、社史や篠崎インキ時代の事が分かる資料は
公刊していないかお聞きしたところ以下のような趣旨のメールの返信をいただきました。

○篠崎インキは正確には当社の前身ではない
○取引相手であった篠崎インキの業務の一部を引き継いだだけらしい
○どうしてそうなったかの詳細な経緯は不明
○という事で篠崎インキ関係の資料はない
 (要約しています)

篠崎インキは現在株式会社ライトであるというのは若干違うという事だそうです。
うーん、会社のロゴ(篠崎インキの代表作ライトインキと同じロゴ)や社長の挨拶を読むと
前身は篠崎インキみたいに見えるけど……。

ところでSIMCOってロゴ
Shinozaki Ink Manufacturing Company
って事でいいのかな??

| インクビン | 09:00 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

へぇぇ、SIMCOってそういう意味なのですか。
初めて知りました。笑
ありがとうございました。(^^)

| YUKI | 2010/02/28 13:38 | URI | ≫ EDIT

分かりません

YUKIさん信じないで。
分かって書いている訳じゃないので。

| fuji(イツツユビナマケモノ) | 2010/03/01 08:58 | URI |

はじめまして

タコノマクラでお昼寝を…のみほです。
訪問者リストの足跡を拝見して、
お邪魔させていただいておりますが、
コメントを残すのははじめまして♪です。

私が持っている瓶は、たった3つしかないのですが、
その3個目は、先日ゲットしたばかりの、
INOUE INKと書かれた、インク瓶でした。
すっごく嬉しくて早速飾っていますが、
fujiさんのように、私も調べてみようかな。

うちはガラス瓶はぜんぜんなく、ビーチコーミングも
コレクターというよりは、クラフト材料なのですが、
もしよろしかったら相互リンクをお願いできますでしょうか…?

| みほ | 2010/03/03 10:07 | URI | ≫ EDIT

こちらこそはじめまして

みほさん、はじめまして。
私もビーチグラスとか素敵に使われてるなーと時々お邪魔
しておりました。
私は拾ったらそれだけで満足してそのまま放置なんですよ。

INOUE INKのインクビンすごくかわいいですね。
色も素敵ですね。
由来が分かるとちょっとだけ楽しいですよー。

相互リンクありがとうございます。
とてもうれしいです。
私の方からはさっそくリンクさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

| fuji(イツツユビナマケモノ) | 2010/03/04 11:33 | URI |

はじめまして

万年筆を使っていて、最近インクにも興味を持ち集め始めた者です。そんな時、ライトインキラベル&箱付きをネットオークションで落とし、いろいろ調べていてこちらにたどりつきました。
マークの意味ですが、fuji様の推理でまず間違いないかと思います!外箱に社名が日本語で篠崎インキ製造株式会社、英語でSHINOZAKI INK MFG.CO.と書かれているのです。
篠崎インキについてはよくわからないのですねー、残念です。
でも、すばらしい行動力ですね。私も頑張って調べてみます。

| 東間蓮 | 2010/03/24 21:42 | URI |

東間蓮さんへ

東間蓮様、コメントありがとうございます。
インクビンで検索して来る方が時々いらっしゃるのですが
たいした内容のないブログでいつも申し訳けない気持ちでおります。

> マークの意味ですが、fuji様の推理でまず間違いないかと思います!外箱に社名が日本語で篠崎インキ製造株式会社、英語でSHINOZAKI INK MFG.CO.と書かれているのです。
そうなんですか!
Shinozaki Ink Manufacturing Company
というのは(株)ライトのメール担当の方が私見として
ご意見下さったものなんですよ。
現物があるのでしたら間違いなさそうですね。
わかって本当に嬉しいです、ありがとうございます。
箱とインクビン拝見したいくらいです。

篠崎インク≒株式会社ライトって事だとばかり思っていたので
“正確には違います”という会社側からのご返答には正直
戸惑っています。
取引会社の一つだったらしいのです。

私は拾ったものばかりなのできちんと現存するものをお持ちの方に
情報いただけるのはとてもありがたいですし励みになります。

| fuji(イツツユビナマケモノ) | 2010/03/24 23:12 | URI |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/04/13 00:13 | URI |

同じでしょうか?

はじめまして。
SIMCOで検索してたらこちらに着きましたので、メールしました。
昨日、近所の神社の裏庭を掃除してたら、古いインク壜を拾いました。裏にはSIMCO(?)というロゴが書いてあり、壜の色も形も綺麗なので持って帰りました。fujiさんの壜と違って四角くて色はブルー(青緑?)です。ロゴマークは同じです。こういうインク壜っていつごろのものなんでしょうか?不勉強ですいません、、、。もしよろしければ写真をお送りします。

| suke77 | 2010/05/05 18:16 | URI |

suke77様

はじめまして。
コメントありがとうございます。
私もまだまだ不勉強でよくわかっていない事ばかりなんです。
ただ、suke77さんはとてもよいものを拾われたと思いますよ。
神社を綺麗にされた神様からのお礼かもしれないですね!

あと、メールを@yahoo.co.jpのドメインから送っています。
件名は「SIMCOのビンについて」です。
届かなかったら再度コメントいただけると嬉しいです。

| fuji(イツツユビナマケモノ) | 2010/05/05 23:34 | URI |

ライトインキと篠崎インキ

現株式会社ライトインキの中村社長は元々篠崎インキの社員で取引先ではありません。
篠崎インキは色々な事情から戦後暫くして倒産し、事業をライオン事務さんに売却し、借入金を主銀行に返済しました。篠崎インキの設立者は篠崎又兵衛。その婿養子は元々画家の鏑木清隆の血縁者さんです。

なので、現株式会社ライトインキと篠崎インキは関係が無いと言えばそうなりますが無関係というわけではありません。

| 漂着した名無し | 2011/07/25 10:38 | URI |

情報ありがとうございます。

お名前がなくどなたか分かりませんが情報ありがとうございます。
ライトインキさんからもらったメール以上に自分では特に調べていませんでしたので
詳しくわかりすっきりしました。
ネット上には前身が篠崎インキだという方がいる一方ライトインキさんは当社は
あまり関係はないという返事に正直投げ出していましたがこれで少しわかりました。

どなたかわかりませんが本当にありがとうございます。
あきらめずに調べてみるべきでした。

| fuji | 2011/07/25 22:20 | URI |

篠崎インキ製造株式会社

はじめして。

「戦前、大田区久が原にあったというライトインキの工場」
を探しているうち、こちらのブラグにたどりつきました。

調べてゆく過程で、おぼろげながら判明してきました経過を、下記のブログ(私のではありません)のコメント#9にまとめてみましたので、ご参考まで。

http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/51799228.html

| きむらたかし@三田用水 | 2011/11/23 12:28 | URI | ≫ EDIT

きむらたかし@三田用水 さんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

現在の株式会社ライトは昔、競売で篠崎インキの工場を買い
篠崎インキから商標を買ってインクの製造をしたという事
だったんですね。

教えていただきありがとうございました。

こんな事を言う権利は無いのかもしれませんが
私は小心者なので記事の一部を転載する場合は事前にお知らせ
いただけると嬉しいです。

| fuji | 2011/11/25 22:03 | URI |

篠崎インキ

上の無名の者です。篠崎インキ製造株式会社が製造していた製品の一つのブランドがRight Ink(ライトインキ)となります。篠崎インキは戦前戦後共に墨田区本所緑町にありました。ちなみに映画になったガラスのうさぎと同じ場所です。久が原には工場ありません。本所工場には玉室(天皇陛下が拝謁される部屋)がありました。それぐらい貴重なインク製造技術を戦前は保持しており特許をめぐってはPilot Ink等と訴訟をして勝訴していた。

昭和16年、創業者の篠崎又兵衛死去。
昭和20年、3月の東京大空襲にて本所工場は焼失。
昭和20年、婿養子が工場再建。篠崎又兵衛には2人の娘しかおらず後継者は2人の婿養子が行った。
昭和22年、婿養子夫妻の子供の不倫騒ぎ(このお子さんの嫁は中堅守谷商会の創業者の孫)、そして手形不払い。その後会社清算。事業はライオン事務機へ売却。その際、今あるライトがブランドをどういう経緯か分らないが継承する。その際、今の株式会社ライト社長の中村氏は社員である。

今株式会社ライトが使用しているRightの会社のロゴは篠崎インク製造株式会社が使用していた物と全く同一。

上記のドタバタ劇を良く知る人物こそ中村社長その人。なので、株式会社ライトを創立した中村社長が篠崎インキ製造と無関係というのと商標登録ロゴを使用している矛盾はある。

| 漂着した名無し | 2011/12/10 08:02 | URI | ≫ EDIT

名無し様

詳しい経緯はわかりませんが株式会社ライトは
競売に出された工場を落札し
その後商標権を買い取ってインクを製造していたようなので
無関係では確かにないと思います。

そこに篠崎インキの社員であった株式会社ライトの中村社長が
深くかかわっていないはずがないと思います。

| fuji | 2011/12/11 20:25 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://ukidama.blog9.fc2.com/tb.php/49-4dbcbf77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT