PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

PILOTインクのビンを作った会社

パイロットインク_石塚硝子

以前PILOTのインクビンとして記事を書いのですがその時はよく解らなかった
底にあったエンボス(陽刻)について追記をしたいと思います。
すでにご存じの方も多いと思いますが自分の記録のために書いておきます。

底のエンボスには石のような文字と36という数字がありました。
この文字の方ですがガラスビンを制作した会社のものでした。

有限会社石塚硝子製造所のもので昭和36年頃まで使っていたエンボスのようです。
隣の36は昭和36年を表しているのではないかと思います。
昭和36年当時は愛知県に工場がありそこで製造されたものと推測されます。

ちなみに有限会社石塚硝子製造所は現在石塚硝子株式会社に社名を改組し
硝子ビンの製造も存続しています。
この会社の創始者は江戸時代にオランダ人から硝子製造を教わったそうでかなり
古い歴史をもった会社でした。

ここから余談と私信。
石塚硝子のグループ会社にビーチコーマーならご存知の方も多いガラス浮きを
作っていた会社北洋硝子が入っていました。

瓶底をテーマにしてみましたが、どうでしょうかカナタさん。

| インクビン | 09:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお!

私の持っているPOPLARインクの瓶にも「へ」のしたにトと書いてある陽刻がありました。
 瓶を作った会社かもしれないのですね、
と、この記事を読んで思いました。

fujiさんのインク瓶は北洋ガラス「北」マークの
ガラスウキと兄弟なんですね(笑)

| MAKI | 2010/02/23 18:37 | URI |

エンボス

エンボスが分かればかなりいろんな事が推測
できそうなんだけどそろった資料がないんだな。
探しているところです。

ホントに瓶底になってきちゃったよw

| fuji(イツツユビナマケモノ) | 2010/02/24 22:18 | URI |

現在発売されているパイロットのインキビンの底にも「石」に似た陽刻がされております。面々とパイロットは石塚硝子に瓶を作成してもらっているのですね。

| 東間蓮 | 2010/04/13 00:17 | URI |

東間蓮さんへ

貴重な情報ありかとうございます。
カギコメ読んでなんだか納得いたしました。
そういう事情があったんですね。

パイロットさんと石塚硝子さんのお付き合いは変わらないんですね!
なんかちょっとうれしいです。
昔から変わらないってすごく安心なイメージです。

| fuji(イツツユビナマケモノ) | 2010/04/13 11:57 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://ukidama.blog9.fc2.com/tb.php/46-76e14439

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT