PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エゾカタツムリカブリ


カタツムリカブリ

珍しい植物発見。
エゾカタツムリカブリ。
茎の先にカタツムリの殻状の花が咲きます。
とても珍しい花です。
50年に一回しか咲かないとい言われています。


カタツムリの殻をかぶったエゾエンゴサク
というどうでもいい冗談はおいといて。
この花実はエゾエンゴサク。
何故だかわかりませんがしっかりとカタツムリの殻がかぶさっています。
芽が伸びる途中で取れないもんなんですね。
ちょっとびっくりしました。

裏から覗くとちゃんと花と葉が殻の中で育っている模様。
植物の生命力凄い。
そしてこんな偶然が起こる自然も凄い。
どんな確率でこんな事起こるのかな。

殻をかぶったままではせっかくの花がなんかかわいそう。
そーっと殻を取ってみました。

殻をとったエンゴサク 

ちゃんと開花しています。
このあと時間がたつともう少ししゃきっとしていました。
陽を浴びて綺麗に育ってほしいな。


夢枕にエゾエンゴサクの花の精がありがとうと言いに







来たりはしませんでした笑。

| 自然散策・散歩 | 20:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わ~!!凄い
こんな形の花初めて見ました!
50年に1回って今度何時?凄いもの見せて頂きました^^
感激~??
カタツムリは殻を残して何処へ~
笑・・・エゾエンゴサクにかわって「ありがとうです♪」

| あかずきん | 2011/04/18 23:35 | URI | ≫ EDIT

あかずきんさんへ

こんなつまんない記事に反応していただいて
ありがとうございます笑

ほんとなんでこんな事になったんでしょうね。
カタツムリさんは今いずこー。

| fuji | 2011/04/19 13:06 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://ukidama.blog9.fc2.com/tb.php/199-86e110ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT