ラムネビン


古いラムネビン

古いラムネビン拾いました。
わずかに入る気泡とプレスの時に出来たガラスの皺。
濃いブルーグリーンの色合い。
なんとも懐かしい雰囲気の色ですね。

今のラムネは口にプラのカバーがついていますがこれはすべてガラスです。
大きいちょっとヒビが残念。
中のビー玉はちゃんと健在です。

川底に沈むこのビンを手にした時の感想は“重っ!!”
砂でも詰まっているかと思いました。
よーく見てその原因を発見。

ラムネビン_底のガラスがたっぷり

やたら厚いこの瓶底のせいでした。
厚い…厚すぎる。
古いラムネってこんなに底が厚いもんなの???
中身のラムネが減ってしまう。
このビンに入ったラムネを買ったら食い意地の張った私ならがっくりものです。

ラムネビンエンボスM

ラムネビンの底を見ると丸にМの文字がありました。
もしかすると東京の三ノ輪ラムネ(宮岡商店)でしょうか?
今の所不明です。

三ノ輪ラムネは根岸で現在も製造されていて、流通しているとか。
宮岡商店さんはそばうどんのお店も営まれているそうなのでそこで味わうラムネは
最高かもしれませんね。
行ってみたいなぁ。
テーマ : コレクション    ジャンル : 趣味・実用
2010_08_21

Comments

 

いいですねぇ!ラムネ瓶!
現在のものでもかわいいなぁって思いますけど、
こうした古いものだと、ノスタルジーを感じますね。
ぷぷ☆ほんと、底がなんて分厚いのでしょう!
中身が少なそうだなぁ。
でも、瓶の蒐集をしている、現在のfujiさんには、
分厚いほうが、なんだかお徳な気もします(笑)。

ころころコロちゃんも、なんて愛らしい!
人に興味があるのですねぇ。
触りたい気持ち、正直、とってもよくわかります。
けれども、こんなに人になれてしまうと、
野生で暮らしていけるのか、心配になりますね。
みほ  URL   2010-08-21 21:21  

みほさんへ 

全体にかなりガラスが厚いので重たいんですよ。
のお陰で壊れずに拾えたんだとは思いますけどね。

コロちゃんはなんだかんだでこうやって生きて行く気がします。
もう何年も前からこうやっていますし笑
fuji  URL   2010-08-22 13:08  

 

うわぁ~良いなぁ^-^
色がとっても濃いいですね。
そして、底^-^ぶ厚!!!
私も食い意地はってるからちょっと
嫌かも~(笑)
飲み口の所までガラスなんですね♪
素敵だなぁ~
川で拾われたんですね^^
まあちゃん(たれマロン)  URL   2010-08-22 20:34  

まあちゃんさんへ 

こんな風に分厚いのも少し昔のガラスの味が出ていて
いいんですけどこれは特に底が厚いんですよ。
ねらってこんなに厚い訳じゃないと思うんですけどね。

写真が上手く撮れなくていい色が出ませんでした。
実物はもう少し深みのあるいい色なんですよ。
fuji  URL   2010-08-22 22:04  

後悔・・・ 

 かなり前の記事にコメントですみません;
 昨日、解体した建物の跡地で緑のラムネビン見つけたんですが…。
 ちょっと大きいしエンボスもないし、ただのラムネか…と思って、置いてきてしまいました;
 でもいろいろ検索していて、それなりに古いモノだったんだろうなーと思い、持ち帰らなかったことを後悔している私です。
 取りに行くにはちょっと遠いんですよねー…あぁ~バカバカ!
ユキ  URL   2012-06-25 15:30  

ユキさんへ 

古い記事へのコメントも大歓迎でーす。

ああ、それは残念ですね。
悔いが残る出会いになってしまいましたね。
古いラムネ瓶もなかなか良いですよ。
今度もであったら是非。

そんなユキさんへ
「とにかく集めろ 集めてから何に使うか考えればいい」
と言った学者さんがいたとか。
fuji  URL   2012-06-27 23:42  

 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

fuji

Author:fuji
ビンの話はどこへやら
浜歩きとか身の周りの
諸々を書いてるブログです。

メールの返信が遅い場合は
是非コメント欄から
請求して下さい。

開店休業状態です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード




page
top