FC2ブログ

2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ハンガリー刺繍講座

IMG_0679.jpg

先日 網走市の北方民族博物館の口座を受講してきました。
内容は「ハンガリー刺繍のブローチです」

講師は「Bahar」(春って意味だそうです)の春日一枝さん。
「世界手芸紀行」などを編集された方だそうで読んだことのある本の制作に携わった方と
お会いする機会って田舎に住んでいるとなかなかないので嬉しかったです。

ハンガリー刺繍てちょっと素朴な雰囲気の花の刺繍みたいなイメージでしたが歴史が長く
地方によって刺繍のデザイン、手法などが違ってなかなか奥深いものだと知りました。

講座では実際に小さなモチーフを刺しブローチに仕上げる作業を教わりました。
一つは花のモチーフ。
もう一つはニワトリのモチーフです。

刺繍糸は太くしっかりした縒りの糸でハンガリー刺繍専用の糸だそうです。
それでひたすらザクザクさしていくので初めてでも意外と早く進みました。

乱れた針目も味って事で…。
初挑戦の私でもなんとか二時間弱で一個仕上げることができました。

簡単な講義、ブローチキットに更に刺繍枠と刺繍針がセットで指導も受けられて1200円。
遠かったけど行ってよかったです。

ちなみに鶏の図案も後日自宅で仕上げました。
私は糸を詰めて使いすぎるみたいでキットについていた分では足りなくなってしまいました。

そこで講義中に春日さんがおっしゃっていた「代用品には25番刺繍糸を6本どりで」を思い出し
てやってみたところ意外と馴染んでなんとかなりました。
ほっ。

糸が盛り上がりほっこりした感じの刺繍がなかなか可愛らしくて気に入りバッグにつけて
愛用中です。


| ものすごく雑記な日記 | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |