ヤマシチ のガラス浮きの漂着

DSC06464.jpg

先日の台風で近所の川が大決壊しました。
家の回りは約55cm水がやってきたようです。

そのためガラス浮きを保管していた車庫も浸水しガラス浮きは
どこかにプカプカと流れていってしまいました。
かわりに大量の汚泥という置き土産。

でも、その前にきた北海道に来た台風7号は少しだけガラス浮きを
十勝の浜に置いていってくれました。

DSC06516.jpg

ちょっと見にくい写真ですが やまの下に七(ヤマシチ)の陽刻の入ったガラス浮きです。
私は初めて拾いました。

ここ数年新しいマークを拾うことがなかったので嬉しいです。

小樽にこれと同じヤマの下に七の屋号がついた建物があります。
旧大家倉庫です。

海産商を営んでいた大家七平という方が立てたものだそうです。
海産商だったのだからもしかするとちょっと関係があったりするかもしれませんねー。
あるといいなーと思っています。
Category: ガラス浮き

スジイルカかもしれないイルカ類の漂着

DSC06562.jpg

それはあの魔の台風10号がくる前の事。
太平洋に面した長節湖に面した海岸にビーチコーミングに
行きました。

秋鮭釣りの人たちが浜に押し寄せビーチコーマーとしては微妙に
歩きにくい季節です。
釣り客を微妙に避けつつ歩いていてるとなんとも言えない腐敗臭。

DSC06569.jpg

知る人ぞ知るMさんの鋭敏な鼻が腐敗の進んだイルカを一体発見。
台風3つがきた後だったため大量の流木の隙間からやっと見える状態で
もあってどんなイルカかはわからずじまい。

ストランディングネットワーク北海道さんに連絡したところ
スジイルカ(またはカマイルカ)の可能性があるとのこと。

頭骨と組織の一部を回収したとの事なのでいずれ種類がわかるかも
しれません。

スジイルカは本来温帯から熱帯に生息しているはず。
北海道・太平洋沖に来ているとしたらやっぱり海水温が高いのでしょう。
そりゃサンマも不漁な訳ですよ。

9年ぶりに台風が直撃したら4つも通って行ったせいで畑は壊滅状態
海は不漁ともうボロボロ。
これからどうなるんでしょうね…。

手作りの品

台風で一部の方にご心配をしていただいた私の両親と猫ですが
なんとか無事にやっておりますのでご安心ください。



台風10号

台風10号により甚大な被害を受けた方々に心より
お見舞い申し上げます。

私も初めて洪水の恐ろしさとその後の苦労を知りました。
今現在は汚泥溜まりの真ん中に住んでいますが私自身は早めの退避で
ピンピンしております。

心配してメールを下さった皆様本当にありがとうございます。
誰かが気にしてくれているというだけでこんなに心が癒されるとは知りませんでした。

生きてさえいれば丸儲け!
元気にやっておりますのでご心配なく。

それにつけても記者やテレビ取材班のみなさんは堂々とやらせを
被災者にさせますな。
スコップを手にしている私に「水撒くところ撮りたいんでホース持って水出して
下さい」ってシレッと言うとはね……。