十勝の丹頂鶴。

丹頂鶴 20110428_01

先日のビーチコーミングの帰り道丹頂鶴を3羽見かけました。
十勝にもけっこういます、丹頂鶴。

一羽目は牧草畑で目撃。
カラスたち追っ払い中。
あんまり成功してなかったけど。

丹頂鶴 20110428_長節

二羽目は汽水湖で目撃。
こういう風景が一番しっくりくる気がします。
水辺にいる丹頂鶴は絵になると思うのです。

丹頂鶴 20110428_安骨

三羽目は道路からたった7.8mくらいから目撃。
堆肥の上でミミズとか物色中。
足に識別用のリングがついてますね。

十勝の丹頂鶴は畑で穀物などをついばみ、堆肥の中で虫をあさるのがお気に入りスタイル。
いまいちカッコよくないけど丹頂鶴にしてみればそれなりに居心地がよいらしい。

丹頂鶴の羽落ちてないかなー。
いつか一本欲しいな。

水芭蕉

水芭蕉も咲いて外も歩きやすい暖かさに近づいてきました。
どっか行きたいなー。

何もなさすぎ…

十勝の浜 ケガニ

十勝の海岸に行ってきました。
ここは冬の間道が閉鎖されるので行くのはとても久しぶり。
今年初のガラス浮きを目指して行ってみました
しかし空振り。
なーーーーーーんにもないのです。
やたらとケガニの殻があるくらい。
脱皮の時期?

ケガニのはさみ

そういえば震災後観光客の減少もあって毛ガニが値崩れしてお安くなっているとか。
道外のみなさんチャンスですよー北海道の毛ガニをよろしくねー。

海藻とカモメガイ

(たぶん)チシマカモメガイに海藻が生えている物を発見。
これって貝が死んでしまってから海藻が生えたのかな?

あー日本海側とか何かある浜に行きたーい。

ロート製薬の目薬ビン Eye lotion Rohto

ガラスビンのロート製薬目薬

♪ロート ロート ロォートー 
♪ロート ロート ロォーォトー ロート製薬ぅ(鳩が飛ぶ)♪

ロートと言えば私はすぐにロート製薬のCMを一番に思い浮かべます。
という事でロート製薬株式会社の目薬ビンです。

親切な方にいただいたものです。
ありがとうございます。

劣化はしていますがゴムの部分も残っています。
青い色と気泡がたっぷりな所がよいですね。

長さ約83mm 幅約24mm。
両口式点眼瓶。
ラベルはありませんが裏にはエンボスがあります。

eye lotion ROHTO

“EYE LOTION ROHTO”と入っています。

ロート目薬自分的メモ。
☆ロート目薬の“ロート”は目薬の処方をした井上豊太郎博士の恩師ロートムンド博士
の名前からとったもの。
☆信天堂安田安眠薬房(現ロート製薬)が昭和6年に初めて両口式点眼瓶を発売。
☆ロート目薬は明治42年発売。

Category: 薬のビン