FC2ブログ

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

拍手コメントへのお返事と猫

箱と猫 はみ出ている

☆拍手コメントにお返事。
素早いお返事ありがとうございます。
多趣味な御様子。
漂着物も面白いですよ。



実家の猫に告ぐ。
お前の目測は完全に間違っている。
はみ出過ぎ。
あと私が行った時何食わぬ顔で踏むな。

| ものすごく雑記な日記 | 16:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

拍手コメントへのお返事とアイスキャンドル

氷灯夜2011

☆拍手コメントにお返事。
漂着物は自然任せで偶然の出会いが楽しいんです。
浜を延々と歩く気持ちさえあれば誰ですぐに始められる所も
いい所だと思っています。
よかったらまた見に来てくださいね。

北海道の冬の風物詩アイスキャンドル。
冬のイベントに一回くらい出かけて写真を沢山とるぞぉーと意気込んで見たものの
…寒くてあっという間に挫折。
帰って確認したらちゃんと写っている写真ほぼなし。
誰かチョコレートじゃなくて忍耐力下さい。
氷灯夜2011

| ものすごく雑記な日記 | 23:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴバンノアシ

厚内チプネオコッペ

ここ10日くらい春のような陽気で例年に比べるとかなり雪解けが進んでいます。
とはいえそこは2月の北海道、週末には雪が降るようです。
その前に出かけておこうと思いふらっと海に行ってきました。

浦幌町厚内チプネオコッペあたりで浜に降りて歩くと
乾いた玉ねぎみたいな物体を発見。
玉ねぎにしては大きいなと思い近づいて気が付きました。

ゴバンノアシの漂着 浦幌町厚内

ゴバンノアシでした。
本州の方には別に珍しくないと思いますが
南方系の漂着種子が北海道に漂着する事はまだ少ないので嬉しい。
はっきりとはしませんが北海道の一番東の記録なのかもしれません。
しかも遠い南の島から流れて来たわりには痛みも少ない。
外皮も割としっかり残っています。
いやーがんばったねー、ゴバンノアシさん。
南の島にいた時は雪なんて見た事なかったでしょうに。
お疲れ様。

ちなみに一番大きい所で15cmくらい。
厚みは8cmくらいありました。

ゴバンノアシの漂着-北海道

ゴバンノアシ自分的メモ。
ゴバンノアシはサガリバナ科の常緑樹。
名前の由来は種子が“碁盤の脚”に似ているかららしい。
種子にある出っ張り“稜”は4つ。たまに5つある。
バーリントニアという名前の観葉植物として売られている。
日本では八重山諸島の一部に自生し、絶滅危惧種。

| ビーチコーミング | 23:38 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT