2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

元祖 ヒルヤ製 精神薬

ヒルヤ_精神薬

日々疲れていませんか?
やたらに元気でますよー、これ飲めば!!

っていう薬だったんじゃいかと思います。
これ同じ場所から複数本出ていたようです。
みなさんお疲れだったんでしょうねぇ…。
大きさは 約高さ58~61mm 底の直径約26mm

元祖_ヒルヤ製_製神薬_エンボス

これは富山県に今もある株式会社ヒルヤ精龍堂って所のものではないかと思います。
色は今のところ透明~青でほぼみんな同じ形です。
他の色形のはまだ見た事ないけどあるのかな??
青い小瓶は何本あっても何回拾っても嬉しいです。
眺めてにやにやしちゃいます。

| 薬のビン | 09:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茶色の小瓶

茶色の小瓶

以前書いた記事の追加情報。
ハム子さんが拾われた「山崎帝國堂」の「毒掃丸」のビンにこの茶色の小瓶が
似ているとの情報をいただきました。
しかーし、ないんですエンボスが…残念。
でも、こうやつてブログにご意見情報いただるのってやっぱりすごく嬉しいです!!
ちなみに大きさは
幅42.5mm 厚み24.5mm 高さ67mm です。

人様のものですが似たようなビンをご紹介。
TOMOEの茶色の小瓶
TOMOEとエンボスがあります。
トモエ薬品さんで出していた薬ではないでしょうか。

昭和の当時こういう茶色い小さな小瓶に入った胃腸薬がたくさん
出回っていたんでしょうね。
毒掃丸がヒットしたなら類似品もかなり出回ったはず。
私のビンもそういう商品の一つだったんじゃないかと想像します。

ここから瓶とは一切関係ない写真です。
コップと猫。
コップと猫
この猫さんコップの底に溜まった水を飲むのに顔が入らず失敗。
コップを倒して自分の足とお腹がべちゃべちゃに。
だけど気にせず人の膝に乗りズボンに水分を吸収させていました。

| 薬のビン | 14:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガラスびん展の図録

ガラスびん展の図録

ガラスビンのに関する書籍っていまいち少なくないですか?
これぞって決定版もなかなか見つけられずにおります。
ガラスビンに詳しい方はどんな資料を集めているのか……
是非お聞きしたい所です。

この図録は去年石川県にある能登島ガラス美術館で行われた
ガラスびん展のものです。
去年の年末に突如ガラスびんについて調べ始めたのでこんな展示が
あった事すら知らずにいました。
せめて図録くらいは見てみたい!
お取り寄せしてみました。

ボトルシアター所蔵のビンを250点展示していたようです。
中の写真はカラーの綺麗な写真が使用されていて見ているだけでうっとり。
見た事や存在も知らなかったびんもあって私は買ってよかったです。
ただ、もう少し掘り下げた詳しい内容があったら文句なしですけど
図録ならこういうものなのかな?
このビンが全部そろったボトルシアター、一度は是非行ってみたいなー。

ちなみに39ページで1冊700円。
(送料と郵便代引手数料は別途)
能登島ガラス美術館のサイトには載っていなかったので私はメールで
問い合わせました。

| ものすごく雑記な日記 | 11:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT