百人浜

DSC06758.jpg

春の百人浜に行ってきました。
まだ浜風は冷たいですが波も穏やかで歩きやすい日でした。

一人で浜を歩いていると漁師さん二人が軽トラックで追いかけてきて
何をしているのかと恐る恐る聞かれました。

「貝がらを拾ってます」と拾ったユキノカサを見せるとあからさまにほっとした
表情でさささっと去って行かれました。
この世とさよならしようとしている人と思われたんでしょうか。

DSC06763.jpg

ガラス浮きを一個ゲット。
ちなみに無印。

DSC06760.jpg

こちらは大きく割れていたので拾ってはきませんでした。
残念。

DSC06769.jpg

砂に埋まったガラス浮きかと思い掘り出したらガラスびん(怒)。

春の黄金道路コーミング

DSC06753.jpg

春です。
雪解けが進んできて道路も運転しやすくなりました。

まだ風は冷たいですがふきのとうも出始めたので十勝の広尾町から
日高のえりも町を結ぶ黄金道路にオオバンヒザラガイを拾いに行ってきました。

時々車を停めては岸壁の上のカイを拾っていきます。
ぼちぼちの収穫。

と思ったら去年も人気のない道路を歩く不信人物な私にオオバンヒザラガイ
恵んでくださった漁師さんに今年も遭遇。

DSC06756.jpg

沢山いただいちゃいました。
画像に写っているもの全てにカイが詰まってます。

広尾~えりもあたりの漁師さんならオオバンヒザラガイを食べる習慣が
あるからこんな風にたくさんお持ちなのかも。

夏にくればもっとあるというお話でしたがもう十分でごさいます。
何かのおりにはまた希望者さんにお配りしたいと思っています。

スジイルカかもしれないイルカ類の漂着

DSC06562.jpg

それはあの魔の台風10号がくる前の事。
太平洋に面した長節湖に面した海岸にビーチコーミングに
行きました。

秋鮭釣りの人たちが浜に押し寄せビーチコーマーとしては微妙に
歩きにくい季節です。
釣り客を微妙に避けつつ歩いていてるとなんとも言えない腐敗臭。

DSC06569.jpg

知る人ぞ知るMさんの鋭敏な鼻が腐敗の進んだイルカを一体発見。
台風3つがきた後だったため大量の流木の隙間からやっと見える状態で
もあってどんなイルカかはわからずじまい。

ストランディングネットワーク北海道さんに連絡したところ
スジイルカ(またはカマイルカ)の可能性があるとのこと。

頭骨と組織の一部を回収したとの事なのでいずれ種類がわかるかも
しれません。

スジイルカは本来温帯から熱帯に生息しているはず。
北海道・太平洋沖に来ているとしたらやっぱり海水温が高いのでしょう。
そりゃサンマも不漁な訳ですよ。

9年ぶりに台風が直撃したら4つも通って行ったせいで畑は壊滅状態
海は不漁ともうボロボロ。
これからどうなるんでしょうね…。

手作りの品

台風で一部の方にご心配をしていただいた私の両親と猫ですが
なんとか無事にやっておりますのでご安心ください。