ピジョン 森永ドライミルク 

森永ドライミルク ピジョン

毎月11日が更新日みたいになっちゃてますねー。

こんにちはー。
大雨の被害があちこちでで出ますけどみなさんお変わりないでしょうか。
私は家庭菜園のお野菜が折れたくらいで特に何もなく過ごしています。

ひっさしぶりにひっそりとガラス瓶のご紹介をしたいと思います。
ピジョンと森永がタックを組んだガラス瓶です。

これはゴムの乳首ついていませんが哺乳瓶なんです。
ガラス瓶部分は赤ちゃん用品が有名なピジョンが担当。
中身の粉ミルクは森永乳業が担当したものです。

ビンは買わないと誓っていたのに雑貨屋さんでついふらっと
買ってしまいました。
ずいぶん前の事なのでもうどこの雑貨屋さんかはよく覚えていませんかが(笑。

なんか赤い文字がかわいいなーと思ってます。

ではでは、また。

三ツ矢シャンペンサイダー

三ツ矢サイダー 日本麥酒鑛泉株式會社

三ツ矢サイダーガラスビンです。
瓶の下部覆面に日本麥酒鑛泉株式會社と右から左にエンボスがあります。
それとともに登録商標三ツ矢マークがついてます。

三ツ矢サイダーの歴史は長くて製造している会社も合併や分割で
変わり少しだけややこしかった。
自分のメモとして商品名の変遷を簡単にまとめてみました。

明治17年 三ツ矢平野水(鉱泉水)販売開始
明治40年 三ツ矢印 平野シャンペンサイダー(糖分と香料を入れたもの)
明治42年 三ツ矢 シャンペンサイダーに改名
昭和27年 全糖三ツ矢シャンペンサイダーに改名
昭和47年 三ツ矢サイダーに改名(“シャンペン”使用禁止のため)

そして製造していた会社にについて
明治17年以前は宮内庁の御料工場→三菱に払い下げ
明治17年 明治屋
明治40年 帝国鑛泉株式會社
大正10年 日本麥酒鑛泉株式會社(合併)
昭和08年 大日本麥酒株式會社(合併)
昭和24年 朝日麦酒株式会社(分割)
(以下省略) 現在はアサヒビール飲料製造㈱

この組み合わせから考えるとこのビンは大正10年~昭和8年の間に
製造された三ツ矢シャンペンサイダーと思われます。
意外と古いガラスビンでした。

しかし、夏の間に紹介すればよかったなぁ…。

2013年01月21日追記
現在このビンを私の手元を離れ所有しておりません。

活力の給原 カツゲンのガラスビン

カツゲンのガラスビン

懐かしいガラスビンをいただきました。
北海道のローカ乳酸飲料雪印乳業のカツゲンのガラスビンです。

懐かしいと書きましたがはっきりとした記憶はないのです。
保育所に行っていた頃おやつにこんな小瓶に入った飲み物が配られていました。
それをすごく楽しみにしていた事は覚えいます。
たぶんカツゲンだったんじゃないかなぁ…と。

どちらにしろ北海道育ちの昭和54年以前の記憶のある人なら懐かしいはず!

カツゲンは現在も“ソフトカツゲン”として紙パックで市販されています。
飲みやすくソフトな味に変わっているって事だそうです。
そして色々なフレーバーが販売されています。
青リンゴは定番の味ですが今は“洋なし”味がコンビニに並んでいました。

これから飲んでみようと思います。
どんな味かな。

梨カツゲン

みなさんの地元にはどんなローカル乳酸飲料がありますか?

これを下さった方には大変感謝とお礼を申し上げたい所なんですが
かえってご迷惑なるいけないので個人名は控えさせていただきます。
わがままなリクエストにお答え下さって本当にありがとうございました。