チョウセンゴヨウ 種皮

松の実を食べてみようの続きです。(前編はこちら)
チョウセンゴヨウの球果(松ぼっくり)を拾って干したら(急ぐときは干さなくてもOK)
次は種子を取り出します。

種鱗の間に固い木質の種皮をつけた種子があります。
乾燥した後なら種鱗が取れやすいのでポロポロと種子が出てきます。

ただしちょっと固いですし大量に取り出したい時は角材などにこすりつけるようにして
球果を壊すと手が楽だと思います。
乾燥させてもヤニが多少なりとも付きますのでご注意ください。

チョウセンゴヨウ 種子

これが取り出した種子です。
うちでは種鱗などのゴミは篩や箕などを使って選り分けています。

この状態でも保存はある程度できますが高温多湿なところは避けないと変質して
美味しくなくなるのでご注意を。

チョウセンゴヨウ 松の実 割る

ここまできたらもう少し。
種子の種皮を割り中の胚乳(松の実)を取り出します。

うちではナッツクラッカー(ウエストマーク社WM3300)を使っています。
軽くて使いやすくておすすめです。
綺麗に胚乳を取り出すコツは種子に対して縦に力を加えて割ることです。

他にもペンチなどでも割ることはできますが市販品のように美しい方のまま
胚乳を取り出したいなら是非ナッツクラッカーをおススメします。

道具なんてないという方は石だってなんだっていいのでかち割りましょう(笑)。
崩れてしまいますが食べられますよ。

松の実

これが種皮を割って取り出した乳胚(松の実)です。
茶色の薄皮が被った状態ですがこのまま生でも食べる事は可能です。

ですが、松の香りが強く薄皮が口に残るのであまりお薦めの食べ方ではありません。
ただ、このままキムチ漬けに混ぜているが美味しいという方もいるので
気にならない場合もあるようです。

薄皮を取る方法で今の所簡単かつ有効なのはさっと炒ることのようです。
炒った後ならするっと簡単に薄皮がとれますのでお試しあれ。

松の実 乳胚

これが炒って薄皮を取り除いたものです。
市販の物と変わらない見た目になりました。
味も茶色の薄皮付きより上品な味になります。

先端に薄い笠状の膜が残っていますがこれは食感には影響しないので
ついていても問題ありません。
そのままでもいいですし贅沢にたっぷり使って作るジェノベーゼペーストとか最高です。
ちなみに味は少し落ちますが冷凍保存が可能です。

今年の秋は松ぼっくり拾いに行って松の実を取り出してみませんか?

多少なりともためになったらポチッと押してやって下さい。
テーマ : 散策・自然観察    ジャンル : 趣味・実用
2015_02_02


十勝 チョウセンゴヨウ
「チョウセンゴヨウ(防風林)」

知る人ぞ知る(?)食べ物ブログをやっていましたが全てすっぱり削除しました。
そのブログでロングランな人気だったのが松ぼっくりから「松の実」を取って食べる
という記事でした。
自分でも割と気に入った記事だったのでここに趣旨を少しだけ変えて
再掲載したいと思います。

私は十勝在住なの他の地域の事はわかりませんので何かご意見等ありましたら
コメント欄からよろしくお願いいたします。

さて「松の実」を食べるための第一ステップは食べられる実をつける松探しから。
十勝ではチョウセンゴヨウがそれに相当します。

十勝では防風林や巨大垣根として見かけますね。
実家にも一本ゴヨウマツがあったのですがなんと強風で倒れてしまいました…。

チョウセンゴヨウ 球果
「10月・落下したチョウセンゴヨウの松ぽっくり(球果)」

風の強かった後などにチョウセンゴヨウの周辺に球果がよく落ちています。
バラつきはありますが大きいものだと16cmくらいの球果がたまに拾えることが
あります。

球果が小さいと中の「松の実」も極端に小さい事があるので私は大きいものだけ
を拾うようにし極端に小さい球果は拾いません。
一度に落ち切ってしまわないのでよい場所なら数回通うといいと思います。

チョウセンゴヨウ 球果 ヤニ
「先端にヤニをつけた種鱗」

そして拾い集める際の難敵がヤニです。
松ぼっまりを形成するうろこ状に重なった部分を種鱗というそうですがその種鱗の
先端にヤニが大量に浮き上がってくるので手袋かひばさみなどが絶対に
必要で衣類にもよく着くので注意が必要です。

種鱗は若い球果ほど分厚く緑色ですがよく乾燥させると薄くなり薄茶色に
変化してきます。
それに伴いヤニも落ち着くので時間に余裕があれば球果はよく干した方が
扱効いやすくなります。

日陰で風通しの良い場所なら一年程度干して置けます。
うちでは約一年陰干ししてから食べられるようにする作業をしています。
(球果自体も少しもろくなりほぐし易くなる)

今回はこれまで
松ぼっくりの割り方は「後編」に続きます。

テーマ : 散策・自然観察    ジャンル : 趣味・実用
2015_01_29


流木?

今年の5月頃こんな流木を拾いました。
自然の流木ではなくて廃材というのが正しいのかもしれません。

広い面には葉のような装飾がされていて側面も簡単な模様がついています。
建物か家具ののようなものの飾りだったのかもしれませんね。

なんとなくこの装飾が気に入って拾ってきてしまいました。

釘

いろいろ考えては見たのですが不器用な上にDIYは不得意。
凝ったものなんて無理無理。

そんな私にも簡単にできる物にしてみる事にしました。
というかそんなものくらいしかできませんわ。

まず100円ショップで釘を買ってきて打ちつけフック代わりにしてみる事に。

流木 フック

釘を打っただけなので完成まで10分。
庭で使う小道具をかけるフックとして使っています。

私の物置として使用している場所は釘が打てないのでちょっと便利かも。

しかし、もっとカッコよく流木とかを使うセンスと器用さが欲しいです。


テーマ : こんなのどうでしょうか?    ジャンル : 趣味・実用
2012_07_09


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

fuji

Author:fuji
ビンの話はどこへやら
浜歩きとか身の周りの
諸々を書いてるブログです。

メールの返信が遅い場合は
是非コメント欄から
請求して下さい。

開店休業状態です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード




page
top