FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゴマフアザラシの首が引っ込みまくる件について

IMG_0461.jpg
「流木のようにそこらに転がるアザラシ軍団」

とあるイベント目的ででかけようとしていたGW明けの平日。
当日の朝そのイベントがないことが発覚(下調べしなさすぎ…)。

突如思い立ちアザラシ好きの桃源郷「オホーツクとっかりセンター」に行ってきました。
(その距離ざっと片道245km)

何故に桃源郷かって都会の動物園には全く無いと言ってもいいくらいの至近距離で
アザラシを愛でることができるうえになでることまでできるのです!

しかも一回の入場料たったの200円。
時間制限なし。

ショーが終わった後は太短さが可愛過ぎるワモンアザラシをボーッと眺めました。
あ、オホーツクの美味しい海鮮とかも食べたけどね。

ゴマフアザラシ軍団による「アザラシの気まぐれショー」(と私が勝手に呼んでいる)を
みることが出来ます。

お客がいると怒られないのを良い事に指示を無視したり勝手にはいずりまくったり
餌がもらえる時のみ張り切ったりするずる賢がしこカワイイアザラシを堪能しました。

IMG_0463.jpg
「お腹を見せろという指示を守るアザラシ・知らん顔のアザラシ」

そして飼育員さんの指示によってお触りタイム開始。
背中あたりをヾ(・ω・*)なでなで出来ます。

筋肉質でもっちりがっちり頼もしい肌触り。
今は換毛期でやや白っぽいけどみっちり生えた毛皮も堪能できます。
じっくりぺチペチしまくってきました。

だってお客は私と友人Mさんともうお一方だけというほぼ貸し切りみたいなもんなんです。
ああ、天国。

IMG_0469.jpg
「まだ接客修行中の日和さん。名前の由来はよい日和に保護されたから」

そしてもう一か所あるアザラシ天国「アザラシシーパラダイス」にも行ってきました。
こちらは精鋭ゴマフアザラシの「あぐ」と「日和」の二頭が接客してくれます。

入場料たったの500円なのにやり体験・ふれあい体験ができるお得すぎるパラダイスなのです。
平日というこもあって貸し切り状態。

「あぐ」さんと吻タッチ(アザラシの鼻先にこぶしをくっつける合図みたいなもの)をしまくりました。
あぐさんはどんなにこぶしを振ってもぴったり付いてきてくれる達アザラシなんです。

しかも私の合図で転がってくれたりご飯を手から食べたり輪投げをしてくれたりと芸達者。
なでなでもさせてくれましたがやっぱりもっちりがっちり感がすごく良かった。
31歳と高齢アザラシなのに素敵すぎ。

そして次は「日和」さん。
触れあいはまだできませんがすぐ近くで芸を見せてもらえます。

そして先輩アザラシあぐさんにはできないとっておきの芸を見せてくれました。
その名も「ギュッ」。

IMG_0471.jpg

!?
「必殺 ギュッ」

(写真ではわかりにくいけど)顔が体にめり込んでいます!
しかも飼育員さんの「ギュッ」という掛け声だけでこの体勢を何度でもやってくれちゃうんです。

IMG_0472.jpg
「なんど見ても首がどうなっているのか不思議かわいい」

写真を撮るために何度もやってくれました。
日和さんありがとぉぉ。

さすがひれ脚選手権全国2位の芸ですわ。

そんな可愛過ぎるアザラシたちを見まくれる公式Twitterはこちら
すごく可愛いんだなーこれが。

| ちょっと遠くへ行って来た | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

様似町『三平皿・古民具の館』の開館

IMG_0459.jpg

先月の末、様似町まで行ってきました。
去年から施設博物館の開館目指し民家を改装していたカナタさんから
満を持して内覧会のお知らせをいただいたからです。

いやー、びっくり。
ごく普通の民家が古民具の館に!!

大量の三平皿コレクションから渾身の自在鉤、はたまた集め過ぎ?な火箸やら
漂着物のあれやこれやで見どころ満載。

ここまでやつたカナタさんに脱帽です。
皆様さまにお腰の際には是非お立ち寄りくださいませ。

いだいたチラシ張りつけておきますね。

資料館チラシa



| ちょっと遠くへ行って来た | 18:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広尾町 毛ガニの浜ゆで

IMG_0465.jpg

12月05日、十勝の広尾町漁協で行われた毛ガニ浜ゆで祭り(正式にはそんな名前
じゃないと思う)に行ってきました。

師走の十勝ばれ、風は冷たいけれど漁協前の広場?には長蛇の列。
初めから毛ガニを買う気ゼロ(何しに行ったんだよ!)の私は高みの見物。

いやホント凄い列でした。
2000バイくらいの毛ガニが二つのおお鍋でどんどん湯でられていていい臭いなんだなー。

私はさっさとお魚をゲットして無料配布の毛ガニ汁をいただきました。
それすらも早い者勝でもらえていない方がいるほどの盛況ぶり。
(いつもは無料配布の知るものは若干余っているくらいなのに)

IMG_0470.jpg

毛ガニを求める行列のトップは前日の18時には並んでいたそうで気合のほどが凄すぎる。
(ちなみに販売予定時間の16時間前)
飛ぶように売れる毛ガニたち。

ちなみにゆで汁を覗いたらなんだかおいしそうでもらって鍋物がしたかったです。

IMG_0471.jpg

ちなみに毛ガニは行列最後尾の人たちの前で完売。
2000バイ用意された毛ガニの中から特に大きかった5ハイを厳選し買えなかった
人たちでオークションをすることに。

ところがお金持ちのおじ様たちがあっと言う間に高額で買ってしまいあっけなく
終わったのでした。
いやー、すごいです、毛ガニ浜ゆで祭り。

帰りは様似町のTさんの別荘に寄ってきました。
別荘吹き抜け化計画が着々と進行していました。
さすがです。

| ちょっと遠くへ行って来た | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT