≫ EDIT

陶片狂さんの思い出の地を巡る 百島

DSC06884.jpg

陶片狂さんが晩年足しげく通われたとお聞きし離島・百島に行ってみることにしました。
百島のサイト

百島へはフェリー百風で渡りました。
島々を結ぶ地元民の足なので車ごと渡ることも可能です。
約25分の船旅です。

DSC06892.jpg

食堂もないし特別な観光施設はありません。
長閑で静かな島でした。

DSC06901.jpg

特別な潮回りでなくても干潮時はけっこう干潟が広かったです。
ただ油断するとかなり足がとられやすいので要注意。

DSC06897.jpg

古くからの有人島なので陶片が散見されました。
私は目薬ビンを発見し持ち帰りました。

この写真に写っているように広島の干潟はウミニナ系の貝がどこに言ってもびっしり。
シオマネキなどの小型のカニたちも沢山いて北海道とはまるで違う生態系に
南を感じました。

DSC06912.jpg

強い日差しの中の干潟を散策。
沢山のガラスビンの破片、陶片などを見つけました。

DSC06905.jpg

持ち帰ったのは写真だけ。
陶片たちは再び波の中へ。

時間と移動手段の関係で港周辺の浜だけ散策でしたが陶片狂さんが
わざわざ来ただけあって沢山の陶片に出会えたことは感慨深かったです。

帰りに乗るフェリーを間違え予定にない港に降り立ち(降ろされたが近いかも)
素朴なソフトクリームを食べぼんやりと帰りのフェリーを待ったのも今ではよい思い出です。


| ちょっと遠くへ行って来た | 10:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |