≫ EDIT

エゾバフンウニまつり。

DSC06796.jpg

先日行ってきました、「第8回さまにウニまつり」の目玉ウニ激安販売
でゲットしたエゾバフンウニで「第1回(おうち)エゾバフンウニまつり」を開催してみました。

ちなみにエゾムラサキウニと塩水ウニ(ごく少数のみ)の販売もありますが
1人1種類のみの販売なので色々色々食べたい方は家族・仲間で並ぶ
事をおススメいたします。

ウニは大きさに多少ばらつきがあるものの10個で\1000と名に恥じぬ激安ぶり。

_MG_9831.jpg

半分は生のままエゾバフンウニ丼に。
クリーミーで濃厚で大変美味しゅうございました。 

盛り付けに全くセンスがないのはお許しください。

_MG_9841.jpg

もう半分はグリルで焼いて「焼きエゾバフンウニ」に。
これは生とは食感が違いしっとりほろっとした感じでこれまた大変美味しくいただきました。

様似産のエゾバフンウニ最高です。
ごちそうさまでした!

以上「第1回(おうち)エゾバフンウニまつりでした。

| 食べてみた | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の〆はバフンウニの管足孔で

エゾバフンウニ

2015年ももうすぐ終わり。
今年も無事一年を過ごすことができました。

そんな年の瀬にうさこさんからお歳暮が届きました。
茨城県の海岸に漂着したバフンウニです。

バフンウニ
「バフンウニ・茨城県産」

印象としてエゾバフンウニより小ぶりで華奢。
可愛らしい感じがします。

そして前々からエゾバフンウニとバフンウニとの違い「管足孔」の
数の違いを比べてみたかったのです。

管足孔 バフンウニ

ホントだ!違う。
数が違うよ!

うさこさん、ウニの他素敵なもの沢山送っていただきありがとうございました。

管足孔の違いについては
hiroimono」さんの記事と「こんなものを見た」さんの記事を参考にさせていただきました。
ありがとうござます。

さてさて気が付けば当ブログも6周年をひっそり迎えていました。
すっかり開店休業状態なのですが来年は漂着物学会の北海道大会も
開催予定なのでもう少し気合を入れたいものだと思っています。

…どうなるかはわかりませんが。
では、皆様よいお年を。

| ものすごく雑記な日記 | 17:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エゾバフンウニの漂白

バフンウニ 殻
『漂白前のエゾバフンウニの殻』

先日黄金道路沿いの海岸で拾ったバフンウニ
完品でないものをいくつか取って置きました。

やっと重~い腰をあげて漂白しました。
まずはざっと水洗い。

バフンウニ 殻 漂白
『漂白剤の入った水煮浸かったエゾバフンウニ』

ちょっと漂白剤入れ過ぎ&(忘れて)長時間つけすぎました。
それでなくてもたいてい数個は壊れるのになぁ……。

バフンウニ 乾燥
『乾燥中のエゾバフンウニ』

乾燥させてます。
綺麗になりました。

バフンウニ 殻 完成
『エゾバフンウニの殻』

失敗したと思ったけど割れたのは一個だけで済みました。

バフンウニ 割れ
『割れたエゾバフンウニの殻』

破片のふちがギザギザに割れる所がちょっと可愛い。

バフンウニ タワー
『エゾバフンウニの塔』

表面がザラザラしているのでひっかかり倒れそうで倒れない。
完品じゃないけど欲しい人いるかな~。

| 漂着物コレクション | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風に吹かれて百人浜&黄金道路

黄金道路

先日Mさんのお供をさせてもらい、えりも町百人浜方面にいってまいりました。
ミッションは6つ。

1.黄金道路でチョウチョガイを集める(Mさんからとある方にプレゼント用)
2.黄金道路でウニの殻(完体)を拾う(Mさんからとある方にプレゼント用)
3.Mさんがリバーストーンさん(風の館)に荷物を届ける
4.百人浜でユキノカサなど北方系貝を拾う(Mさんからとある方にプレゼント用)
5.あわよくば浮き玉を拾う(自分用)
6.Mさんのペット・バフンウニの「うにまる」君用の海水のくみ上げ

しかし写真のように海を荒れ模様。
風が強く若干厳しいミッションとなりました。

まず1.と2.を遂行しなかなかの成果をあげました。
特にエゾバフンウニ殻は近年になく沢山集められました。

エゾバフンウニ

黄金道路は海面からかなり少し高い位置にあるのですがその道路に生きてる
ウニが落ちておりました。
始めは死んでると思ってたんですがMさんが生きてる兆候を発見。

情けをかけて海にもどしてみました。
今頃元気になっていると良いのですが。

ちなみに何故道路に生きウニがいたのかは謎です。
波で押し上げられたのかカモメなどに運ばれたのかのどちらかだとは思いますが。

百人浜

ミッション3.をクリアしたので次は百人浜へ。
ところが波が高く浜が狭いうえに風で波の花(汚い泡)が吹き付けて
メガネがあっと言う間に汚れて大変でした。

百人浜

風が吹き付け砂が飛んでいる浜の様子です。
わずかでも何かあると砂が残る不思議。

ミッション4.はユキノカサしか拾えませんでしたが「量」は確保できました。
どんな風にクラフトに生かされるのか楽しみです。

ミッション5.と6.についてはまた次回。

| ビーチコーミング | 15:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |