第8回さまにウニまつり 

ウニまつり_a4

21日に様似町で開催されたウニまつりに参戦してきました。
場所は海岸に面したエンルム岬のふもとに広がる広場。

お祭り一番の呼び物は「様似産ウニ格安販売」
会場に9時20分頃着いたのですがすでに900人近い行列が!

様似町観光課のTさんにさっさと並ぶのだと促され並ぶこと1時間半(くらい、たぶん)。
無事エゾバフンウニをゲットました。

DSC06771.jpg

開場はバーベキューではさっそくウニを焼いたり捌いたりする人でかなりの混雑。
私は様似産ツブ蕎麦を海岸の堤防に座りまだ少し冷たい浜風感じながらいただきました。
(とっとと食べてしまい写真を忘れる)

DSC06773.jpg

せっせっとお仕事に励むTさん。
ピンクのポロシャツがまぶしい。

DSC06778.jpg

おまつりの〆は餠まき。
(高知風にいうなら餠なげ)
ちなみに一部にあたり券付き。

Tさんが私の方向に餠を投げまくってくださったのですが餠がぶち当たる
痛さと周りのあまりに必死すぎる餠の取り合いに呆然としてしまいました。

ちなみに餠は紅白。
地元梅屋さん製の本格餠。
当たりくじはゲットできませんでしたが10個拾えたのでぜんざいで美味しくいただきました。

百人浜

DSC06758.jpg

春の百人浜に行ってきました。
まだ浜風は冷たいですが波も穏やかで歩きやすい日でした。

一人で浜を歩いていると漁師さん二人が軽トラックで追いかけてきて
何をしているのかと恐る恐る聞かれました。

「貝がらを拾ってます」と拾ったユキノカサを見せるとあからさまにほっとした
表情でさささっと去って行かれました。
この世とさよならしようとしている人と思われたんでしょうか。

DSC06763.jpg

ガラス浮きを一個ゲット。
ちなみに無印。

DSC06760.jpg

こちらは大きく割れていたので拾ってはきませんでした。
残念。

DSC06769.jpg

砂に埋まったガラス浮きかと思い掘り出したらガラスびん(怒)。

春の黄金道路コーミング

DSC06753.jpg

春です。
雪解けが進んできて道路も運転しやすくなりました。

まだ風は冷たいですがふきのとうも出始めたので十勝の広尾町から
日高のえりも町を結ぶ黄金道路にオオバンヒザラガイを拾いに行ってきました。

時々車を停めては岸壁の上のカイを拾っていきます。
ぼちぼちの収穫。

と思ったら去年も人気のない道路を歩く不信人物な私にオオバンヒザラガイ
恵んでくださった漁師さんに今年も遭遇。

DSC06756.jpg

沢山いただいちゃいました。
画像に写っているもの全てにカイが詰まってます。

広尾~えりもあたりの漁師さんならオオバンヒザラガイを食べる習慣が
あるからこんな風にたくさんお持ちなのかも。

夏にくればもっとあるというお話でしたがもう十分でごさいます。
何かのおりにはまた希望者さんにお配りしたいと思っています。