≫ EDIT

ガラス浮きの漂着

DSC06991.jpg

これまた以前の台風18号の後の浜でのこと。
ガラス浮きの漂着がありました。

丸いガラス浮き。
6個ゲット。

残念なのはいずれも無印なこと。
大きさは色々。

DSC06960.jpg

久しぶりにプラカバーのついた浮きもゲット。
カバーが壊れそうで中身はまだ無確認。

DSC06994.jpg

シリンダー型のガラス浮きも3っゲット。
いずれも無印。

同行者も数個ガラス浮きをゲットしています。
ここ最近では(あまり海行ってないけど)一番ガラス浮きが漂着したかも。

漂着物学会天草大会に今の所は行く予定なのでお土産にもって行こうかな。
今年は大会参加人数が少なめみたいなのでなんとか体調をキープして
熊本・天草に行こうと思います!

| ビーチコーミング | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネズミイルカ・ゼニガタアザラシの漂着

DSC06972.jpg

先日の記事の続き。

やはり台風の後は沢山のものが浜辺によっていました。
その一つが生き物。

DSC06983.jpg

こちらは哺乳類の頭蓋骨。
アザラシの可能性ありとのこと。

DSC06967.jpg

そしてネズミイルカ・オス。
畜大で回収・解剖の予定とのこと。

DSC06990.jpg

黄金の滝の滝つぼ付近に漂着していました。
腐敗が進んでいて臭いが強かったのにヒグマが来ていなくてよかったです。

浦幌町の黄金の滝付近の浜でアザラシが丸ごと漂着しているのを見たのは
個人的には初めてでした。

こちらも畜大で研究目的で回収されたのではないかと思います。

もうすでにオオヒシクイなどの渡り鳥が飛来していますが
野鳥の漂着は目撃しませんでした。
もう冬に着々と向かう秋なのだと感じた日でした。

| ビーチコーミング | 21:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウバガイの漂着

DSC06963.jpg

(今度こそ)台風一過。
今年は個人的には被害なく無事に済みましたので海岸にフラフラと
行ってきました。

浜を歩き始めるとどうも川由来の流木や草木が目立っていて
あまり心躍るものはなさそう。

DSC06980.jpg

と思った以外にも海由来のものがちゃんとありました。
大きなホウズキチョウチン。

私が拾ったものの中では最大級の約3cm強。
腕足類らしく岩にくっついていた跡があります。

私ではちゃんとした標本にできそうもないのでMさんに差し上げました。

DSC06984.jpg

大きなチシマフジツボ。
約4cm強の高さがありました。

上手く剥がせればいいんでしょうけどね~。
なかなか難しいんですよね。

DSC06977.jpg

おお、そして有りました!
お宝が。

生きたウバガイ(北寄貝)です。
私は大ぶりのものを5個持ち帰りました。

沢山あったのですが欲張ると捌くのが大変なので自重しました。
海底からかき回されるほど海が荒れた1~2日後くらいが狙い目なんですよねー。
今回は打ち上がったばかりのようでラッキーでした。

エボシガイの付着したものがいくつかあったので南方由来のものを期待
しましたが発見できませんでした。
ウバガイも嬉しいけどやはり台風後は珍しい南方のものが欲しかったです。

_MG_0039.jpg

ちなみにウバガイはバターソテーでいただきました。
めっちゃ美味しかったです。
ごちそうさまでした!

| ビーチコーミング | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT